女が子どもを産んだら知っておきたいこと

産後ママを応援します!!

ネグレクト

こんにちは。産後ケアリストのふっこです。

また、痛ましい虐待の事件が起きてしまいました。もう、胸が痛くて痛くて辛すぎます。

 

外に放り出す

ご飯を作らない

お風呂に入れない

病気でも看病しない

病院に連れて行かない

子どもが苦痛と思われる行為を何度も繰り返す

これらはネグレクトといって、虐待です。

 

こういうニュースが流れるたびに、

悲しいからといって、虐待から目を背けるのではなく、私たちが救える方法はないのか?

考てみませんか?

 

虐待されている子どもを救うのは児童相談所や警察、学校、病院だけではありません。

 

私たち国民すべては、児童虐待の通告の義務があるのを知ってますか?

 

児童福祉法第25条の規定に基づき、

児童虐待を受けたと思われる児童を発見した場合、全ての国民に通告する義務が定められています。

 

虐待を受けた児童ではなく、虐待を受けたと思われる児童でも通告しなければならないです。

 

子どもの虐待は4タイプあります。

 

ネグレクトは、

子どもの心身の健康な成長・発達に必要な世話・対応をしないことをいいます。

 

なので、

見た目にわかるアザがなくても、

親の怒鳴り声が聞こえなくても、

子どもが夜一人で歩いている、

近所の子どもの服装が汚い、

極端に痩せ細っている、

家に子どもが一人でいる、

など、身体的や言葉の暴力行為がないとしてもこれらも虐待です。ネグレクトは病気でも親から放置されます。死亡することもあります。

 

通報する場合、間違いだったらどうしよう?

後で、通報者が自分だとばれてしまったら?

と躊躇ってしまうと思いますが、あなたの通告でその家族と子どもの未来が救えるのです。

どうか勇気を出して通報してください。

 

通報した場合、あなたのプライバシーは守られます。匿名でも相談できます。

 

電話番号は、189(いち・はや・く)

児童相談所全国共通ダイヤル

 

189にかけると、近くの児童相談所へ転送されます。24時間365日体制を実施しています。携帯電話からでも大丈夫です。

 

現在のところ、児童相談所と警察の連携、情報共有している県は、なんと高知県茨城県、愛知県の3県でしか行われていないということです。これを知った時はあまりの少なさにショックでした。

つまり、児童相談所で行き詰まった場合に、警察と連携できずに、児相が何もできないまま子どもが死亡するというケースがあるのです。

 

それでも、あきらめずに通報してください。

勇気を出して、助けを求めてください。

あなたの通報で、救える命があるのです‼️