女が子どもを産んだら知っておきたいこと

産後ママを応援します!!

虫嫌いの子ども

こんばんは。

産後ケアリストのふっこです。

 

虫や動物嫌いな息子がいるお母さんいますか?

 

うちの息子、

男の子ですが、

虫が嫌いです。

 

夏になれば、

虫カゴと網を持って、   

セミをとりに行く・・・。

 

 

そんなこと、したことないです🦗

 

 

息子が小さい頃から、

虫が家にいるだけで、

私がギャーギャー😱騒ぐので、

 

虫は怖いもの、

気持ち悪いもの、

触りたくないもの、

 

とインプットされてしまったのか?

 

私のせいか?

とも思い少し悩みました。

 

 

ですが、

おかあさんといっしょの歌で、

「ちびっか・ぶーん」を見ていた息子が、

最後に「かーさんは、どこいったん?」と

泣きながら私に聞いてきました。

(この歌、心優しいチビの蚊が、血を吸えなくて死んでしまうという歌です)

 

息子は蚊が死んだとわかると、

そこから大号泣です😫

 

また、動物の本を読んでいて、

キツネの親が、突然、

子どもを自立させるために、

まだ、母に甘えたい子ぎつねを

母親が威嚇して、突き放すことを知ると、

もう辛すぎて涙も鼻水もとまりません😢

 

「どうして、お母さんキツネはあっち行けってやるの?なんで?」

 

自然の中で生きる動物は、

敵からの攻撃から逃げながら、

自分で餌を探して生きていく。 

 

もう、親は守ってくれない。

どこにもいない。

 

親キツネも、本当はもっと可愛がりたい。

そばにいて、舐めてあげたいのに、

突き放さないといけない。

 

そんな状況を、

そんな世界があるのかと

ショックを受けて

大号泣です。

 

 

先日、

ひっくり返ったカメムシを、

心配そうに見つめ、頑張って

そっと足でひっくり返えす息子。

 

息子は虫が嫌いではなく、 

手で触るのが苦手なだけだと思いました。

 

動物や生き物の命が短いのを

知っている息子は、触れないけど、

小さな虫にまで、本当に優しいです。

 

虫や動物を触れなくても、

そんな優しさを持っていてくれてるだけで、

親としては、ものすごくうれしいですね。

 

虫が嫌いで触れないのではなく、

命を大切にしているから触らないのだと

思うと、何にも気にならなくなりました。

 

虫が触れなくても、今のところ困ったことはないので、虫嫌いな息子をもつお母さんも、

そんなに心配しなくても大丈夫ですよ‼️