女が子どもを産んだら知っておきたいこと

産後ママを応援します!!

退屈はチャンス

こんばんは。産後ケアリストのふっこです。

今日、ネットで「スマホ育児」についての記事を読みました。

 

賛否両論いろいろ意見がありますよね。

 

24時間、365日子どもと一緒の乳幼児のママたちにとって、スマホは子どもが静かになる魔法の道具です。

 

 私たち夫婦はずっとガラケーで、子どもが4歳頃にやっと変えたので、それまで子どもはスマホを知りませんでした。

 

私たち夫婦は外食の時や病院の待ち時間などにスマホを子どもに与えるのが嫌というか、家ではなく外にでてまでもゲームや動画を見せようとは思わないタイプです。

 

なので、待ち時間が長くても子どもに待たせます。外食も子どもが先に食べ終わっても皆んなが食べ終わるまで待たせます。長期休みに帰省するときも車で3時間ほどかかっても、DVDやタブレットを与えたことはありません。なきゃないで、結局過ごせてしまうものです。

 

たしかに息子は退屈です。愚図ることもありました。

 

ですが、この、退屈な時間って案外貴重です。家にいればおもちゃ、テレビに動画など刺激のあるものがたくさんです。ですが、何もしない時間を作ると子どもは何かを始めようと行動を起こします。

 

我が家は待ち時間や車の中は何もなく退屈なので、しりとりやもし〜だったらなどの空想の世界を話して盛り上がってます。

 

スマホやゲームを与える時はルールを決め、親の考えがブレないようにするのが大事です。

なるべく小さいうちから習慣にしておくことをオススメします。スマホを与え放題にしてからルールでは、遅いというか子どもが納得しません。

 

子どもはスマホやゲームなどを知らなければ、何も思わないですし、何も言ってきません。

小学校に入れば、友だちといる時間が増えるのでどうなるかわかりませんが。

 

小さくて、可愛い、我が子もすぐに大きくなり親と一緒にいてくれる時間も少なくなってきます。

 

スマホに子守をさせて、この愛おしい瞬間を見逃さないようにしてください。

 

 ありがとうございました。