女が子どもを産んだら知っておきたいこと

産後ママを応援します!!

アルバイト医師

こんばんは。産後ケアリストのふっこです。

 

今日は分娩時に知っておきたいことについて書こうと思います。

私は小林美希さんが書いた「ルポ 産ませない社会」を読んでいます。

 

まだ読んでいる途中ですが、本の中で出てくる都内の民間病院で働く医師は医長でありながら基本給は約27万円、手当がついて月給は約43万円。月に5回は当直アルバイトをして家計を支えています。

 

病院の常勤医師の給料はアルバイトで当直を数回すれば上回り、お産の現場は、そうした医師の存在によって維持されています。

 

これを読んだ時に自分のお産を思い出しました。

 

夕方過ぎになって、登場した助産師さんはここの助産師さんではありませんでした 。おそらく夜勤アルバイの方でしょう。出産後、その助産師さんを見ることは一度もありませんでした。そして、夜中の12時頃分娩台に乗って、赤ちゃんを外へ出そうと頑張っていたところへ、目の前に一人の男性が登場。

 

私はフラフラになりながらも、

「えっ?あんた誰やねん」と思ったのは今でも覚えています。

 

見たこともない知らない白衣を着た男性が現れ、何かされている私。

 

私は全く知らないアルバイトの医師と助産師に息子を取り上げてもらいました。

 

なんかショックで、いい気分ではありませんでした。

 

その医師は

「アルバイト先の妊産婦にしても、普段の様子を知らず、信頼関係も構築できていない自分がパッと登場して、その人にとって人生で何度あるか分からない大事なお産に立ち会うようなことがあっていいのだろうか。急変時に見ず知らずの医師が対応するのでは不安ではないだろうか」疑問をもっています。

 

経験者から言わせてもらうと、

「不安です。

   忘れていませんから!」

 

こういった事情を知らないと、出産が朝でも夜中でもいつもの先生が担当してくれるだろうと思ってしまいますが、見たこともない名前も知らないアルバイトの医師や助産師が登場するかもしれないと覚えておいた方がいいかもしれません。

 

ありがとうございました。